電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

E-BIKEやロードバイクを都内で月額レンタル!サイクルトリップ

東京都のスカイツリーの風景

E-bikeや高級ブランドのロードバイク、クロスバイクをレンタルで気軽に乗ってみたい!

そんな方におすすめのサービスの一つが、サイクルトリップベース(cycletrip BASE)というスポーツ自転車に特化したレンタルサービスです。

東京都を中心に1日から月額で利用できるレンタルサービスですが、馴染みのない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は都内やその近辺でE-Bikeやロードバイクなどスポーツサイクルをレンタルで利用したい方を対象に、サイクルトリップ(cycletrip)の価格帯や詳細について以下のポイントで解説していきます。

この記事の内容

  • サイクルトリップベースとは?
  • 宅配レンタルの配送料金
  • レンタルできる車種とその料金
  • レンタルご利用の流れについて
スポンサーリンク

ロードバイクを月額レンタルもできるサイクルトリップとは?

レンタルサービスのイメージ

サイクルトリップベース(cycletrip BASE)とは、名古屋市に本社を置くZuttoRide Sharing 株式会社が運営しているスポーツ自転車専門のレンタルサービスです。

レンタル出来るスポーツ自転車のラインナップが豊富で、ロードバイクやクロスバイクはもちろん、ミニベロからe-bikeなどもお手頃価格でレンタル出来ます!

東京都の台東区にサイクルトリップの実店舗を構えており、宅配だけでなく店舗まで直接レンタルしたい自転車をお受け取りしてもらうことも可能です。

また、宅配レンタル以外にサイクルトリップというスポーツ自転車に特化したシェアサイクルも展開しています。

レンタサイクルとは異なる自転車の月額レンタル

自転車の月額レンタルと通常のレンタルサイクルの違いは、貸出しや返却を自分の希望の場所に指定出来るということ。

通常のレンタサイクルだと1日や2日の短期レンタルで、返却の際は基本的に店舗まで足を運ぶ必要があります。つまり、シェアサイクルのような「乗り捨て」が出来ません。

しかし、サイクルトリップベース(cycletrip BASE)のレンタルであれば、月額制で利用したい場合は契約期間中は自宅に自転車を置いたまま利用可能。

さらに、自転車の宅配や返却(回収)も、希望の場所や時間を指定でき、一般的なレンタサイクルのような煩わしさがありません。

対応地域は都内だけ?サイクルトリップのレンタル料金や特徴

サイクルトリップでいざロードバイクをレンタルしてみたい!ですがその前にまず知っておきたいのが宅配レンタルの対応エリアや配送料金などの基本的な情報。

サイクルトリップBASEの自転車レンタルの主な特徴を下記にまとめると…

  • 宅配レンタルは首都圏がメイン
  • 予約以外に当日レンタルも可
  • レンタル出来る車種が豊富!

レンタル宅配対応地域は都内や関東限定?

サイクルトリップベースの自転車レンタルで配送対応している地域は、現在(*2020年3月時点)東京都や神奈川県、千葉県・埼玉県となっています。

これらの地域であれば、自転車レンタル宅配ご利用時は配達料金1,500円〜7,000円(片道配送料金)で対応してくれます。

上記以外の地域でも自転車配送を受け付けていますが、配送費用や対応可能かどうかなど直接お問い合わせいただく必要があります。

宅配レンタルの配送料金一例

都県 市区 配送料
東京都 台東区 1,500円
千代田区 2,000円
中央区 2,500円
北区 4,000円
世田谷区 6,000円
神奈川県 川崎市 6,000円
横浜市 7,000円
埼玉県 草加市 4,000円
川口市 4,500円
千葉県 松戸市 4,000円
柏市 7,000円

上記の配送エリアや配送料金は変更される場合もあるので、詳細も含めて公式サイトの「スポーツバイク・レンタル宅配の配達料金表」からご確認ください。

スポンサーリンク

レンタル車種はe-bikeから高級ロードーバイクなど様々!

サイクルトリップベース(cycletrip BASE)の魅力的なポイントとして、レンタル出来るスポーツサイクルのラインナップが豊富であること。

一般的なレンタルサイクルでは取扱いしていない高級ブランドのロードバイクなども、サイクルトリップでは普通にレンタルすることが出来ます。

そんなサイクルトリップでレンタル出来るスポーツサイクルは下記の通りです!

  • ロードバイク
  • クロスバイク
  • MTB(マウンテンバイク)
  • e-bike
  • キッズバイク

一部ですが、これらの車種の特徴やブランドとレンタル料金一例について下記に紹介していきます。

ロードバイクのレンタル料金や取扱ブランド

サイクルトリップでは、超軽量のカーボン仕様からエントリーモデルのロードバイクをレンタル出来ます。

取り扱っているブランドはGIANT(ジャイアント)やScott(スコット)など、ロードバイクお馴染みのブランドばかりで、本格的なレーシングタイプも用意されています。

もちろん初心者の方向けのエントリーモデルも紹介されているので、まずはレンタルで乗ってみたいという方も安心して利用出来ます。

サイクリングなど長距離ライドをされたい方におすすめのプランです。

サイクルトリップでのレンタル料金一例

下記はサイクルトリップベースでのロードバイクのレンタル料金(ブランドごと)一例です。

Giant TCR2
アルミフレーム
7,000円 / 日
(2日目以降5,000円 / 日)
Scott SPEEDSTER 40
エントリーモデル
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)
Merida SCULTURA 100
アルミフレーム
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)

クロスバイクやMTBのレンタル料金や取扱ブランド

クロスバイクやMTB(マウンテンバイク)もBianchi(ビアンキ)など定番ブランドのモデルを取り扱っています。

クロスバイクやMTB(マウンテバイク)は基本的にフラット型のハンドルで、またタイヤも太く安定しているので、タイヤ幅が細いドロップハンドルのロードバイクに抵抗がある方はこちらがおすすめです。

サイクルトリップでのレンタル料金一例

下記はサイクルトリップでのクロスバイクやMTBのレンタル料金(ブランドごと)一例です。

Bianchi KUMA
26インチ MTB
1,500円 / 日
(2日目以降1,000円 / 日)
Commencal EL CAMINO 29er
本格MTBモデル
4,000円 / 日
(2日目以降3,000円 / 日)
Giant ESCARE R3
人気のクロスバイク
4,000円 / 日
(2日目以降3,000円 / 日)

サイクルトリップではe-bikeもレンタル可能

サイクルトリップでは、電動アシスト機能の付いたスポーツ自転車「e-bike」のレンタルも可能。

取り扱っているブランドは海外メーカーのBESVやBenelliをはじめ、国内人気メーカーのブリヂストンの自動充電モデルも用意されています。

クロスバイクタイプから街乗りに最適なミニベロタイプなどe-bikeのラインナップが豊富で、どんな方でも利用しやすいおすすめのプランです。

サイクルトリップでのレンタル料金一例

下記はサイクルトリップでのe-bikeのレンタル料金(ブランドごと)一例です。

BESV LX1
クロスバイクタイプ
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)
BESV PSA1 yellow
ミニベロタイプ
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)
Benelli TAGETE 27.5
MTBタイプ
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)
ブリヂストン TB1e
クロスバイクタイプ
6,000円 / 日
(2日目以降4,000円 / 日)

サイクルトリップBASEの宅配レンタルご利用の流れ

ここからはサイクルトリップベース(cycletrip BASE)で宅配レンタルを利用する場合の基本的な予約方法について解説します。

サイクルトリップの宅配レンタルのご利用方法はとても簡単で、ウェブサイトからお申し込みをするだけ!自転車の予約は下記の5ステップで完了します。

  1. レンタルしたい自転車を選択
  2. 日付や備品を選択
  3. お客様の情報を入力
  4. お支払い方法を選択
  5. 予約完了メールを確認

また、当日にレンタルをしたい場合には、店舗に直接お電話をする必要があるのでご注意ください。

ロードバイクなどレンタルしたい車種を選択

まずは、ロードバイクやクロスバイクなどレンタルしたい自転車を一覧から選択します。

車種やサイズ、1日単位の料金から希望の自転車を選択後、予約台数を入力して完了となります。

また、希望の車体色や車両サイズがある場合は、「お客様情報」の入力フォームにあるメッセージ欄に記述することが可能です。

レンタル期間の入力と備品を選択

続いて、レンタル期間と自転車に必要な備品を選択していきます。

レンタル期間は、「貸出日」と「返却日」をそれぞれ入力するフォームがあるので、日付にお間違いのないように選択して下さい。

また、「備品を選択」ではスポーツサイクルに必要なヘルメットやボトルケージなどのアクセサリーをレンタルすることが出来ます。

とくにロードバイクを借りる場合、ヘルメットの着用は必須となるので、所持していない方はこちらのレンタルもおすすめします。

宅配や回収場所などお客様情報を入力

レンタルを希望する自転車の宅配場所と回収場所、及び、お客様の氏名や連絡先などの情報を入力します。

希望の宅配時間や返却予定時間に関しては、午前9時から午後6時までの間で選択が可能です。

メッセージフォームは必須事項になっていませんが、先程の希望の車体色や車両サイズがある場合は忘れずに入力しておくことをおすすめします。

お支払い方法を選択する

お客様情報を入力した後は、お支払い方法の選択です。

お支払い方法は、「クレジットカード」か「現金」から選択可能ですが、現金でのお支払いの場合レンタル料金にプラス1,000円が加算され、長期レンタル場合はプラス2,000円が加算されます。

クレジットカードに関しては、VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINNERSの中から利用出来ます。

予約内容を確認して完了!

お支払い方法を選択後、サイクルトリップの利用規約に同意していただいた後予約内容の確認で完了となります。

お客様情報のフォームで入力したメールアドレス宛に「ご予約確認メール」が送付されるので、お忘れずにチェックしてください。

その他、サイクルトリップBASEの詳細をご覧になられたい方やロードバイクやe-bikeなどスポーツサイクルをレンタルされたい方は下記からご確認ください!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上今回はロードバイクなどスポーツ自転車を宅配でレンタルできるサイクルトリップについて解説いたしました。

一般自転車よりも価格の高めなスポーツサイクル。とくにe-bikeやロードバイクはエントリーモデルでも10万円以上の価格で販売されていますから、このようなレンタルサービスは魅力的です。

今回紹介したレンタルサービス以外にも、ロードバイクなどレンタル出来る店舗はたくさんありますので、興味のある方は是非そちらもチェックしてみて下さい♪

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 35from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。