電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

自転車通販など偽サイトに要注意!詐欺サイトの見極めポイントを解説

セキュリティーのイメージ

自転車通販サイトに限らず、通販サイトには詐欺サイトや、本家そっくりに似せた「偽サイト」がいくつも存在します。

どうやって見極めればいいのか分からない人もいると思いますが、悪意のあるサイトの特徴やポイントを押さえておけば、被害を防ぐことが出来ます!

そこで今回、自転車通販サイトに多い詐欺や偽サイトの特徴を詳しく解説するとともに、被害に遭ってしまった時の対処法も紹介いたします。

この記事の内容

  • そもそも偽・詐欺サイトってあるの?
  • 偽物サイトに多い特徴や見極めポイント
  • 被害に遭ったときの対処法

上記の3つのポイントで解説いたします。

この記事では、自転車通販サイトの「詐欺や偽サイトの注意点」として解説していますが、他のジャンルのサイトにも共通して言えるので、オンラインで買い物などされる方はこの機会に是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自転車でも詐欺や偽の通販サイトってあるの?

そもそも通販サイトの偽物や詐欺サイトってそんなにあるの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。

不安を煽る訳ではないんですが、答えはYESです。

メディアで取り上げられているような詐欺事件が減らないのと同じように、インターネットの世界でも残念なことに詐欺は蔓延してしまっています。

最近では、サーバーを借りればウェブサイトを誰でも手軽に作れるという理由で、尚更多いのではないでしょうか?

そのため、自転車専門の通販サイトに限らず、他の通販や企業サイトも偽物や詐欺まがいのサイトが存在しているんですね。

しかし、最低限の知識や見極めのポイントを押さえておけば事前に防ぐ事ができます!

自転車通販サイトの詐欺や偽サイトの見極めポイント

通販サイトに不慣れな方からすると、偽サイトや詐欺サイトが多いと言われても、対策方法や調べ方が分からないですよね。

とくに年配の方であれば、クレジットカードや個人情報を入力する時に、不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

では、自転車通販サイトの偽物や詐欺サイトを具体的にどのように見極めればいいのか。

ここからは、偽サイトや詐欺サイトの具体的な見極め方を解説していきます。

自転車通販サイトの、偽サイトの基本的な見極めポイントは以下の通りです。

  • 自転車本体や送料の価格設定
  • ウェブサイトのURLを確認する
  • 運営元の有無や所在
  • 支払い方法が限定されている
  • 日本語に違和感がある

これらの見極めポイントはあくまで一例ですが、自転車通販サイトだけでなく、他のサイトにも言える事なので、この機会に是非参考にしてみてください。

自転車の価格設定が激安すぎる

まず、注意すべきポイントはサイトに掲載されている自転車の価格帯です。

例えば電動アシスト自転車だとすると、一般的なもので約10万円〜15万円ほど、そして安くて5万円以上のラインです。

これが、偽サイトや詐欺サイトだと、5,000円や10,000円など破格で売買されていることがあります。

相場と比べて格安すぎる価格で商品が販売されている場合は、要注意です。

自転車の送料が格安かもしくは無料

自転車通販サイトの場合、自転車本体の送料は一番安くても1,000円以上(地域が限定されている)します。

自転車本体の値段と合わせて、送料もチェックしておきましょう。

送料が格安、もしくは無料と表記されているものは疑った方がいいです。

ウェブサイトのURLを確認

偽サイトかどうか判断するポイントとして、ホームページのURLを確認するのも重要です。

例えば、大手通販サイトを真似した偽サイトでは、URL(ドメイン)も文字列の一部を変えたり、末に一文字加えたりしていることがあります。

サイトを閲覧していて怪しく感じたら、ブラウザ上部ツールバーのURLを正規サイトのものか確認しましょう。

運営業者の名前や所在地を確認

通販サイト全般に言えることですが、偽物や詐欺まがいのサイトによくある例として、運営者情報がいい加減であるということです。

企業公式サイトや大手の通販サイトであれば、「所在地」や「代表者氏名」、また電話番号などが記載されていますが、詐欺サイトであれば、これらが表示されておりません。

怪しいと感じたら、サイトにある運営者情報やプロフィールをチェックしておきましょう。

支払い方法はいくつあるか

偽サイトなど怪しいサイトでは、支払い情報が限定されています。

通販サイトでは、クレジットカード払いなどキャッシュ以外の支払いが当たり前ですよね。

偽サイトの場合、支払い方法が「銀行振込」や「代引き」のみなど、限られていることが多いです。

違和感のある日本語が使われている

偽サイトや詐欺の通販サイトでは、カタコトの日本語が使われていることもあります。

その理由は、サイトを運営している人間が外国人で、商品説明などを翻訳サイト・ツールで直訳しているためです。

商品概要欄の説明文など、「この文章で使われている日本語おかしくない?」と感じたら疑ってください。

スポンサーリンク

もし通販の詐欺サイトで被害に遭ったら?

実際に偽や詐欺の通販サイトにて詐欺被害に遭ってしまった時にどう対処すればいいか。

そんな時、まずは警察の犯罪相談窓口と国民生活センターに連絡してください!

いざ被害に遭った時、警察へ相談するなどおおまかな対処方法は分かっていても、冷静さを欠いてしまう方もいると思います。

もしくは、金額が大したことないという理由や自分を責めて、諦めてしまう人もいるかもしれません。

ですが、詐欺被害は自分の責任では決してなく、金額の大小も関係ありません!万一、詐欺サイトの被害に遭った時は、ありのままの事実を通報・連絡するようにしましょう!

国民生活センター消費者ホットラインはこちら

国民生活センター消費者ホットライン

犯罪相談窓口はこちら

警察相談窓口

【おまけ】安全かつ安い!cymaなど自転車通販サイト

自転車通販サイトは、国内から海外のものまで様々ありますが、その中でも安全かつアフターサポートが充実しているのが、cymaなど国内大手の通販サイトです!

大手の自転車通販サイトであれば、自転車の種類はもちろん、パーツやアクセサリー用品も充実しているので、オンラインで購入する時はこちらの通販サイトがおすすめです!

送料も安いcymaなどおすすめの自転車通販サイトについては、下記の記事で詳しくまとめていますので是非ご覧ください!

この記事のまとめ

以上、今回は自転車通販サイトの詐欺サイトや偽サイトの見極めポイントについて解説いたしました!

自転車通販サイトに限らず、オンラインショッピングでは、正規を装った詐欺・偽サイトがいくつも存在しています。

検索結果の質や技術が向上したことにより利用しやすい環境になりましたが、注意していきたいところです。

それでは、本日もご安全に!

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 34from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。