電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

ロードバイク向けサングラス!調光レンズ等人気アイウェアと選び方

おしゃれなサングラスのイメージ

ロードバイクなどスポーツ自転車での長距離ライド時に欲しいのがサングラス(サイクル用アイウェア)。

購入前に悩ましいのが、デザインや調光や偏光レンズなどサングラスの種類の豊富さ。とくに初めてだとどのサングラスが自転車向きかはっきり分からないですよね。

そこでこの記事では、ロードバイクなど自転車にお手頃なサングラスの選び方と、人気のおすすめサイクルアイウェアについて解説・紹介していきます!

この記事の内容

  • サイクルアイウェアの役割
  • ロードバイク向けサングラスの選び方
  • おすすめのサイクルサングラス
スポンサーリンク

紫外線防止以外にも?サイクルアイウェアの役割

ロードバイクでサングラスをかけている画像

一般的にサングラス(アイウェア)の着用目的は日差しの防止ですが、自転車向けの場合は紫外線以外に埃など細かい異物の防止の役割も担ってくれます。

とくにロードバイクなどサイクリングで長距離ライドする場合、走行環境によって目の保護は欠かせません。

目に入った砂や埃が原因でハンドル操作が鈍り、転倒や衝突など重大な事故に繋がる可能性もあります。

ロードバイクなど自転車の安全運転のため、サイクル用にサングラス(アイウェア)を持っておくと安心です。

調光や度付きレンズなど自転車向けサングラスの選び方

ロードバイクでサングラスをかけている画像

ロードバイクなど自転車向けサングラスは、販売メーカーやブランド、価格によってレンズ仕様やデザインは様々。

ドライブやウォーキングなどの用途とは違い、ロードバイク用として使うならフィット感やレンズの性能を考えて選ぶのがおすすめです。

その上で自転車向けのアイウェアを選ぶポイントは下記の通りです。

  • レンズの種類で選ぶ
  • フィット感で選ぶ
  • レンズカラーで選ぶ

調光や偏光レンズなどの種類でサングラスを選ぶ

サングラスを選ぶ上で調光レンズや偏光レンズ、度付きなどレンズの仕様の確認をしておきましょう。

とくに調光レンズや偏光レンズの仕様のサングラスは、これから本格的にサイクリングを始めたい方、既存のサイクルサングラスで物足りないと感じている方におすすめです!

ただし、ノーマルレンズのサングラスより多少価格は高くなります。

調光レンズの特徴

調光レンズは日差しの強さ(紫外線の強度)によって自動的にレンズのカラー濃度を調節してくれる特殊レンズ。

朝からお昼、またはお昼から夕方にかけて長時間サイクリングされる方におすすめのレンズです。

偏光レンズの特徴

偏光レンズには光の乱反射を抑制する性能があり、地面からの照り返しや逆光を防ぐことが出来ます。

そのため、既存のサングラスで眩しいと感じている方は偏光レンズ仕様のアイウェアをおすすめします。

度付きレンズの特徴

その名の通り度入り仕様のレンズのサングラスもあります。

度付きであるためレンズに厚みがあることと、デュアルレンズ型のサングラスが多いことが特徴的です。

サングラスのフィット感で選ぶ

ロードバイクなど自転車向けにサングラスを選ぶ上で、フィット感やサイズは最重要ポイントです!

とくにスピードが出るロードバイクの走行では、サングラスのサイズが合わないとすぐにズレたり外れたりと、走行中に何かと支障が出てきます。

通販サイトでは海外メーカーのサングラスもあり、人によってはサイズが合わなかったり大きすぎる場合があります。

サングラスを購入する際は日本人向けのサイズ、また「アジアンフィットサイズ」と商品概要に記載されてるものを選ぶのがおすすめです。

おしゃれだけじゃない?サングラスのレンズカラー

ロードバイク用サングラスのレンズカラーは、走行環境や時間帯に応じたものを選ぶのもポイント。

サングラスのレンズカラーにはシンプルな透明色からおしゃれなカラーなどデザイン性だけでなく遮光性の役割も担っています。

レンズカラーが濃いほど日差しをカットしてくれそうな印象もありますが、一般的に下記のようなケースにそれぞれ適応しています。

ブラウン お昼の日差しの強い時間帯に最適
クリア 夕方から夜間にかけての利用にお勧め
セピア ブルーライトのカットに最適
ブルー 車のヘッドライトや照り返しをカット

レンズカラーをおしゃれ目的で選ぶのも全然ありですが、どの時間帯に利用するかも忘れずに選ぶようにしたいですね。

スポンサーリンク

ロードバイクにおすすめのサングラス(アイウェア)

ここからは通販サイトでも人気のロードバイク向けのサングラス(アイウェア)を紹介していきます。

レンズ仕様の違いからおしゃれなデザインなど多彩なサングラスが販売されています。

自転車用にこれから購入を検討している方はもちろん、すでにロードバイク用としてサングラスをお持ちで買い替えを検討している人は是非参考にしてみてください!

Glazata 調光偏光レンズ採用のスポーツサングラス

レンズ仕様 偏光・調光レンズ
紫外線 UV400カット加工
レンズ色 ブルー、ダークイエロー、ブラウンなどから選択可
フレーム 軽量AL-MG合金

このサングラスの特徴

路面からの照り返しや反射光を抑制してくれる高品質のTAC偏光レンズ採用。

偏光・調光レンズ仕様でありながらリーズナブルな価格のサングラスで、通販サイトでおすすめの人気サイクルアイウェアです。

ロードバイクだけでなく、ドライブやゴルフなどにも利用できそうなデザインであるのも特徴です。

FERRY 高級感のあるフレームのスポーツサングラス

レンズ仕様 偏光レンズ
紫外線 UV400カット加工
レンズ色 クリア、イエロー、ブルーレンズ、レインボーミラーの5色交換レンズ付属
フレーム TR90フレーム

このサングラスの特徴

ピラノ塗装された高級感溢れるフレームのシングルタイプのスポーツサングラス。

偏光レンズをはじめ、クリアレンズやブルーレンズなど専用交換レンズが5枚セットで付属しているコスパ最強のアイウェアです。

偏光スモークレンズでは太陽光の乱反射を抑制し、ロードバイクやドライブ以外の様々なアウトドアスポーツに利用できます。

MARSQUEST ウェリントン型の偏光アイウェア

レンズ仕様 偏光レンズ
紫外線 UV400カット加工
レンズ色 ホットピンク、ブルー、グレーなど7色から選択可
フレーム EMT材料

このサングラスの特徴

ベーシックなウェリントン型フレームでありながら高級アイウェアブランドと遜色ないデザインのサングラス。

フレームには柔軟性のあるEMT素材が採用されており、サイクリングやランニングなど長時間ストレスなく使用できるのが魅力的。

また、メンズ・レディース問わず合わせやすいデザイン設計で、レジャーなどオールシーズン活用できるサングラスです。

調光レンズサングラス ROCKBROS(ロックブロス)

レンズ仕様 調光レンズ
紫外線 UV400カット加工
レンズ色 クリア(調光レンズ)

このサングラスの特徴

レンズの周りがフレームレスデザインとなっている本格スポーツサングラス。

紫外線の強度によって変色する調光レンズとフレームレス設計を併せた仕様により、昼夜問わず快適な視界確保を実現しています。

ロードバイクなどサイクリングを初め、時間関係なくアウトドアスポーツを楽しみたい方におすすめのサングラスです。

国産ブランドのサングラス SWANS エアレスムーブ

レンズ仕様 調光レンズ
紫外線 UV99.9%以上カット
レンズ色 ブルー、シルバー、イエロー、ブラウン、クリアなど10色から選択可
フレーム ナイロン素材

このサングラスの特徴

日本人に最適な設計の国産ブランドSWANS(スワンズ)のスポーツサングラス。

大きな特徴としてサングラスの重さが僅か17gと超軽量であること。空のペッドボトルと同等くらいの重さであるため、長時間の自転車ライドやアウトドアスポーツに最適です。

調節できるノーズパッドと国内向けフレーム設計でフィット感抜群のおすすめサングラスです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上、今回はロードバイクやクロスバイクの自転車におすすめのサングラスと選び方について紹介・解説させていただきました!

自転車ライド用としてのサングラスは、日差しや紫外線防止以外にも埃や視認性を確保してくれる重要なアイテムです。

ロードバイクなど趣味でサイクリングされる機会が多い方はこの機会に是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 35from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。