電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

自転車チャイルドシートの取付できる車種と選び方!人気商品もご紹介

チャイルドシートのイメージ

子供乗せ対応の電動アシスト自転車などであれば、前後どちらか標準装備されているチャイルドシート。

子供乗せタイプ以外の自転車にも条件を満たしていれば取り付け可能ですが…

困っている女性のイメージ
純正以外のチャイルドシートを自分の自転車に安全に取付できるか不安。
適応年齢も分かりにくい…

こんな方もいらっしゃると思います。

そこで今回この記事では、自転車チャイルドシートの取り付けできる車種と選び方、そしておすすめの商品について下記のポイントで詳しく解説していきます!

この記事の内容

  • チャイルドシート装着可能な自転車
  • 自転車チャイルドシートの選び方
  • おすすめのチャイルドシート(前・後)
こんな方におすすめ
自転車チャイルドシートには、前と後ろ乗せにより異なりますが1歳から6歳未満という適応年齢があります。

1歳から6歳未満のお子さんがいて、尚かつ自転車利用の多い方におすすめの記事です。

スポンサーリンク

チャイルドシート取り付け前に自転車を確認

自転車用チャイルドシートは子供乗せタイプの自転車以外にも取付けることが可能ですが、全ての自転車が対象ではありません。

適応しない自転車に間違えて取付けてしまうと、不安定になったり外れたりなど安全性が著しく低下します。

では、どのような自転車がチャイルドシート取付け対象であるか、おおまかな条件やポイントは下記の通りです。

  • 後ろ乗せはキャリアの形状と耐荷重を確認
  • 前乗せの場合はハンドルを確認
  • スタンドは両立タイプに
  • 幼児2人同乗基準適合車であるかどうか

後ろ乗せチャイルドシートの場合の適切な自転車

後ろ乗せでリヤキャリアにチャイルドシートを装着する場合は、耐荷重27kg以上の頑丈なキャリアの自転車であるか確認しましょう。

当然ながら全ての自転車が子供乗せモデル前提で作られてはいないので、重量に耐えられないキャリアもあります。

リヤキャリアには最大積載量が車種によって異なり、クラス18やクラス27などの「MAX◯◯kg」などの表記がされています。

チャイルドシートを装着するときは、この「クラス27」や「MAX27kg」となっている表記のキャリアが必須となります。

キャリアの形状によって取付できない場合も

キャリアの重量制限の他に確認しなければならないのが、キャリアの形状です。

例えば、「はしご型」のような特殊な形状をしたキャリアでは、仕様上チャイルドシートをしっかりと固定することが出来ません。

安全にチャイルドシートを固定するため、キャリア形状は縦横にパイプが交差している「標準型」である必要があります。

前乗せチャイルドシートの場合のハンドル形状

ハンドル部分に取付けるフロントチャイルドシートの場合は、自転車のハンドル形状を確認しておく必要があります。

とくにスポーツ自転車に多い、フラットなストレート型のハンドルには装着出来ないことが多いので注意が必要です。

前乗せのチャイルドシートの取り付け前に事前にハンドル形状をチェックしておきましょう。

スタンドは両立式モデルの自転車を選ぶ

自転車にお子様を乗せるのであれば、「両立スタンド」の自転車がおすすめです。

スポーツタイプの自転車に多い「片足スタンド」だと子供を乗せたり降ろす時に不安定でバランスを崩しやすいです。

前後どちらのチャイルドシートに乗せる場合でも、安定性のある「両立スタンド」の自転車を選ぶのをおすすめします。

2人同時乗せは幼児2人同乗基準適合車を

自転車に前と後ろにチャイルドシートを装着し2人同時に乗せる(前後1人ずつ子供を乗せる)場合は、「幼児2人同乗基準適合車」の自転車でなければなりません。

幼児2人同乗基準適合車とは、一般社団法人自転車協会が発行しているマークのことです。

このマークが貼付されている自転車は、一定の安全基準をクリアした子供2人同時乗せに適応した設計の自転車であることになります。

「幼児2人同乗基準適合車」のない自転車は、チャイルドシートを前か後ろどちらか一方のみ取付ることが出来ます。

自転車用チャイルドシートの適切な選び方

自転車チャイルドシートは、前に装着するフロントチャイルドシートと後ろ乗せのリヤチャイルドシートの2タイプですが、前と後ろで適応年齢が異なります。

そのため、お子様の年齢に応じて前乗せか後ろ乗せのチャイルドシートを選ぶ必要があります。

それぞれの適応年齢は下記のようになります。

前乗せ(フロント) 1歳〜4歳未満(適応体重: 15kg以下)
後ろ乗せ(リヤ) 2歳〜6歳未満(適応体重: 20kg以下)

リヤチャイルドシートの場合、キャリアの耐荷重により適応体重が異なります。

「クラス25」の場合は適応体重20kg以下、「クラス27」であれば22kg以下と表記されている商品もあります。

安全性の高いチャイルドシートを選ぶ

子供を乗せる自転車チャイルドシートにおいて高い安全性は必須事項です。

チャイルドシートの安全性の判断基準は、製品の「SGマーク」の有無をチェックしましょう。

SGマークとは製品安全協会が取扱っているマークで、こちらのマークが貼付、または記載されている場合は安全基準を通過した製品である証明になります。

このマークはチャイルドシートに限らず、自転車用ヘルメットなど他商品にも記載されています。

OGK技研など国内メーカーが安全でおすすめ

自転車チャイルドシートは海外メーカーからも多数販売されていますが、OGK技研などの国内メーカーが安全でおすすめです。

OGK技研株式会社は、チャイルドシートをはじめ自転車関連製品を取扱っている会社です。

OGKのチャイルドシートは大手メーカーの子供乗せ電動アシスト自転車にも採用されているので、純正製品と変わらない性能や安心感があります。

幼児2人同乗はチャイルドシートの仕様に注意

子供を前と後ろに1人ずつ乗せる場合は1人だけ乗せる時と異なり、チャイルドシート自体にも下記のような基準が定められています。

  • 前後両方にヘッドレストが付いてること
  • 幼児2人同乗適合基準を満たしていること

そのため、子供2人同乗自転車の場合はその自転車専用、またはメーカーが推奨しているチャイルドシート(純正品)を購入して取付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめの前乗せ(フロント)チャイルドシート

通販サイトでも評価の高い安全で人気の前乗せチャイルドシートを紹介いたします。

子供乗せ自転車を活用されてる方で、1歳から4歳未満のお子様がいる方は是非ご覧になってください。

OGK(FBC-011DX3)ヘッドレスト付きチャイルドシート

取付位置 前乗せタイプ
適応車種 24〜27型の軽快車
対応年齢 1歳〜4歳未満のお子様 身長100cm以下
適応体重 15kg以下

このチャイルドシートの特長

24〜27型のシティーサイクルタイプ(ママチャリ)に適応した前乗せ用チャイルドシート。

ワイドヘッドレストタイプでお子様の側頭部まで守り、5点式シートベルトによる安定感のあるモデルです。

OGK(FBC-003S2)ヘッドレスト付きチャイルドシート

取付位置 前乗せタイプ
適応車種 24〜27型の軽快車
対応年齢 1歳〜4歳未満のお子様 身長100cm以下
適応体重 15kg以下

このチャイルドシートの特長

シンプルかつコンパクトな設計が特長的な自転車用チャイルドシートです。

コンパクトかつ軽量なモデルであるため、子供を乗せた時も安定した走行をすることが出来ます。

また、OGKのチャイルドシートの中でもリーズナブルな価格のモデルとなっています。

人気でおすすめの後ろ乗せ(リヤ)チャイルドシート

後ろ乗せ(リア)の自転車チャイルドシートの人気商品の紹介です。

リヤチャイルドシートは、2歳から6歳未満のお子様が対象となっているので、フロントタイプと比べると少し長い期間使うことが出来るのがポイントです。

OGK(RBC-007DX3)後ろ乗せチャイルドシート

取付位置 後ろ乗せタイプ
適応車種 後部キャリアの付いた22〜27型の軽快車
対応年齢 2歳から6歳未満のお子様 身長115cm以下

このチャイルドシートの特長

背中とシートの密着による蒸れを低減するデザインとなっているのが特長のチャイルドシート。

長距離での移動や、初夏から残暑までの暑い汗ばむ時期のお子様の身体に優しいベーシックモデルです。

OGK(RBC-015DX3)後ろ乗せチャイルドシート

取付位置 後ろ乗せタイプ
適応車種 後部キャリアの付いた22〜27型の軽快車
対応年齢 2歳から6歳未満のお子様 身長115cm以下

このチャイルドシートの特長

衝撃吸収率約90%の衝撃吸収パッドを採用しているワイドヘッドレストが強みの自転車チャイルドシート。

カジュアルなデザインもポイントで、取付条件を満たしていればどんなシティーサイクルでも使いやすいタイプで、OGKチィイルドシートの高機能モデルの一つです。

OGK 後ろ乗せチャイルドシート グランディア

取付位置 後ろ乗せタイプ
適応車種 後部キャリアの付いた22〜27型の軽快車
対応年齢 2歳から6歳未満のお子様 身長115cm以下

このチャイルドシートの特長

OGK技研の中でワンランク上の高性能な自転車チャイルドシート。

転倒時に子供の頭部を守る270度のヘッドガードから、車輪巻き込みや接触防止のフットガードまでというコクーン設計に近いデザインとなっているのが特徴的です。

お子様の安全性を最重視したリヤチャイルドシートです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上、今回は自転車チャイルドシートの取り付けできる車種と選び方、そして通販サイトでも人気のチャイルドシートについて紹介いたしました。

自転車チャイルドシートは、今回紹介した国内商品以外にも海外メーカーの製品など様々です。

1歳から6歳未満のお子様がいる子育て世代で自転車利用の多い方は、この機会に是非参考にしてもらえると幸いです。

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 34from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。