電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

パンクしないタイヤで修理不要?ノーパンクタイヤの自転車を徹底解説

タイヤ空気入れのイメージ

自転車タイヤのパンク修理は、自転車パーツの修理や交換で一番多いと言われています。

空気圧の管理が主な原因と言われている自転車タイヤのパンク。ちょっと空気入れを怠っただけで、自転車のタイヤがブヨブヨになっていた、なんてことありますよね。

今回はそんなお悩みを解決すべく、話題のノーパンクタイヤについて以下のポイントで解説して行きます!

  • ノーパンクタイヤの基本構造
  • メリットやデメリット
  • おすすめのラインナップ
こんな方におすすめ
ノーパンクタイヤの自転車は短距離ライド向きと言われています。

普段から自転車で短距離移動がメインの方や、自転車の空気入れが面倒だという方におすすめの記事です。

それでは、ノーパンクタイヤの自転車について解説していきます。

スポンサーリンク

ノーパンクタイヤとアンチパンクタイヤの自転車は別物!

パンクしないタイヤの自転車ということで、「ノーパンクタイヤ」がよく取り上げられていますが、一方で「アンチパンクタイヤ(耐パンクタイヤ)」という言葉もよく目にしますよね。

この2種類は言葉だけだと似ている気もしますが、実はタイプが全然違います!

では、何が違うのか?…「ノーパンクタイヤ」の「アンチパンクタイヤ(耐パンクタイヤ)」の基本的な構造を解説していきます。

ノーパンクタイヤの基本的な構造

まず、ノーパンクタイヤの自転車は、文字通り「パンクの心配の要らないタイヤ」のことです。

では何故パンクしないタイヤであるのか。その理由は「タイヤの構造」にあります!

一般的な自転車のタイヤは、空気を入れるためタイヤチューブの中は空洞となっています。

これに対してノーパンクタイヤのチューブの中身は空洞ではなく、ウレタンなどの素材が詰め込まれているため、「パンク」という概念が存在しません。

当然、空気を入れる必要もないというわけですね。

アンチパンクタイヤ(耐パンクタイヤ)とは?

一方で、耐パンクタイヤですが、こちらも文字通り「パンクにある程度の耐性・抵抗のあるタイヤ」のことです。

耐パンクタイヤの構造は、従来の自転車タイヤと同じく中身が空洞となっていますが、一般的なチューブよりも厚みがあるため、ちょっとした異物ではパンクしないタイヤになっているのが特徴です。

ノーパンクタイヤとの徹底的な違いは、定期的に空気圧をチェックする必要がある、そして、時たまパンクすることもあるという違いですね。

ノーパンクタイヤのメリットデメリット

ノーパンクタイヤの自転車は従来のタイヤと比べメリットの多い印象ですが、実はデメリットもあります。

汎用性のありそうなノーパンクタイヤですが、自転車の利用距離や頻度によっては大きく差が出てきます。

ここからは、ノーパンクタイヤのメリット・デメリットについてそれぞれ解説していきます。

ノーパンクタイヤの自転車のメリット

パンクのしない自転車、ノーパンクタイヤの自転車のメリットから見ていきましょう。おおまかなメリットは以下の通りです。

  • 空気圧のチェックが不要
  • パンク修理の手間が省ける
  • 走行中のパンクの心配が無くて安心

空気を入れなくてOK!

ノーパンクタイヤは、構造上ウレタンがチューブ内に詰め込まれているので、空気を入れる必要がありません。

というより、入れれません。

自転車のタイヤ空気入れが面倒な方には特にオススメです!

パンク修理?ありません

自転車屋さんにより修理費用は異なりますが、タイヤパンク修理は概ね1回で1,000円ほどかかります。

メンテナンスが面倒で、よく自転車屋さんにお世話になってる方は、ノーパンクタイヤが良いでしょう!

走行途中でパンクの心配ご無用

自転車を頻繁にご利用されている方なら分かるはず。走行中に突然タイヤがパンクしたら、重くて漕げなくなります。

パンクの状態によっては、自転車から降りて押さなければなりません。荷物が多い時とか最悪ですよね?

ノーパンクタイヤの自転車はこのような心配が要らないです。

ここは要注意!ノーパンクタイヤのデメリット

ノーパンクタイヤの自転車のデメリットについて解説します。もし、今現在ノーパンクタイヤの自転車購入を考えている方は是非参考にしてみてください。

ノーパンクタイヤの大まかなデメリットはこちらです。

  • 通常のタイヤよりも重くなる
  • 一般的な自転車と比べると価格が高め
  • クッション性にやや劣る

ノーパンクタイヤは重量がやや重め

ノーパンクタイヤは、内部構造がウレタン素材で出来ている分、従来のタイヤの自転車よりも重くなります。

そのため、自転車での長距離走行には、スポーク等に負担がかかる分不向きかもしれません。

衝撃吸収性が弱い?

従来のチューブタイプのタイヤは、中に空気が入っているためクッション性の役割も担ってくれます。

ノーパンクタイヤの場合、通常のタイヤと比較するとダイレクトに衝撃が伝わりやすいです。特にオフロードや荒れた路面上の走行はおすすめ出来ません。

スポンサーリンク

おすすめのノーパンクタイヤ仕様の自転車

ここからはノーパンクタイヤ、またはアンチパンクタイヤ仕様の電動アシスト自転車や一般的な自転車について紹介いたします!

まず、ノーパンクタイヤの自転車はこんな方におすすめです!

  • 空気入れがとにかく面倒な方
  • 自転車で短距離移動の多い方
  • 何回もタイヤパンクさせてる方

それでは、おすすめの自転車を紹介していきます。

ミムゴ(MIMUGO)折りたたみ電動アシスト自転車

バッテリー容量 3.6Ah
1回の充電時間 約4時間
走行距離 約21km
タイヤサイズ(前・後) 20インチ
適応身長 160cm〜
車体重量 23.0kg

この自転車の特徴

ミムゴのノーパンクタイヤ仕様の折りたたみ式電動アシスト自転車で、ノイズの少ないブラシレスモーターが後輪に採用されているのが特徴です。

空気入れ不要のコンパクトモデルで、バッテリー容量も3.6Ahであるため、ちょっとしたお出かけに最適な電動アシスト自転車です。

ブリヂストン アルベルトe【耐パンクタイヤ】

バッテリー容量 14.3Ah
1回の充電時間 約4時間10分
走行距離 約48km〜約100km
タイヤサイズ(前・後) 26インチ
適応身長 148cm〜
車体重量 26.5kg
シフト段数 内装5段

この自転車の特徴

アルベルトeは、通学や通勤などの長距離ライドに最適な電動アシスト自転車です。

特徴としてブリヂストンの耐パンクタイヤは、パンク原因である「ひび割れ」や「チューブ摩耗」に強く、従来のノーマルタイヤよりも長持ちします。

ただし、ノーパンクタイヤではないので定期的な空気圧チェックをおすすめします。

PANGAEA 折りたたみ自転車

タイヤサイズ(前・後) 20インチ
車体重量 約20kg
シフト段数 外装6段

この自転車の特徴

PANGAEA(パンゲア)の折りたたみタイプの自転車です。電動アシスト自転車ではありません。

特殊ポリウレタンゴム仕様のタイヤで、弾力性や走行性に優れたノーパンクタイヤが特徴的です。ギア変速は6段となっており、シマノ製を採用しています。

こちらの自転車も中距離よりか短距離のお出かけにおすすめです。

この記事のまとめ

以上、今回はノーパンクタイヤの自転車についての基本とメリットデメリットについて解説いたしました。

メンテナンス不要なイメージのノーパンクタイヤでしたが、自転車の利用頻度や走行距離によっては意外にもデメリットもある印象でしたかね。

新規で電動アシスト自転車など購入される予定の方は、ノーパンクタイヤなども是非視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 34from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。