電動アシスト自転車などサイクル情報を中心に発信!

  • English
  • 日本語

スポーツ自転車の初心者必見!クロスバイクなど特徴と必要パーツを解説

ロードバイクのイメージ

初めてスポーツバイクを買おうと思うけど、種類が多すぎて分からない!(汗)

ロードバイクやクロスバイク、MTB(マウンテンバイク)と、スポーツ自転車には大きくこの3カテゴリーがありますが、初心者の方にの中には、何が違うのか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、近々スポーツバイクデビューされる方に向けて、下記内容でスポーツ自転車について解説していきます。

この記事の内容

  • ロードバイクなどスポーツ自転車の特徴
  • スポーツバイクに最低限必要なアイテムを紹介

それでは、まずスポーツ自転車の特徴から説明していきます!

スポンサーリンク

クロスバイクなどスポーツ自転車の種類と特徴

ロードバイクやクロスバイクなどタイプが様々あるスポーツ自転車。

最近では、スポーツタイプの電動アシスト自転車である「e-bike」も国内メーカーで取扱われるようになったので、今迄以上にスポーツバイクの層が厚くなったと感じます。

その他にミニベロタイプ(折りたたみ自転車)も、広義ではスポーツバイクとして取り上げられますが、今回特徴を紹介するのは以下の3点です。

  • ロードバイク
  • MTB(マウンテンバイク)
  • クロスバイク

オンロードに適したロードバイク

ロードバイクは別名で「ロードレーサー」と呼ばれる通り、ロードレース仕様に設計された自転車のことです。

このロードバイクは、一般的な自転車と比べるとタイヤが細いのが特徴的です!

元々はロードレース仕様で、タイヤと路面の摩擦を極力減らし、自転車そのものの速さを追求した設計になっているからです。

そのため、山道などの舗装されていない「オフロード」での走行は基本的に適さないタイプですが、ヒルクライム走行に適した仕様のオフロード仕様のロードバイクもあります。

補足ポイント
オンロードとは、一般的に「舗装された道」のことを意味します。

それと反対にオフロードは、山道などの舗装されていない荒れた自然の道を意味します。

ロードバイクはこんな方におすすめ!

ロードバイクは、広い道かつ20km以上の長距離走行されたい方におすすめのスポーツ自転車です。

初心者には少しハードルが高そうな印象のロードバイクですが、初めての方でも安心できるタイプも販売されていますので是非チェックしてみてください。

山道走行ならMTB(マウンテンバイク)

マウンテンバイクは、その名の通り山道など「オフロード」でも走行できるスポーツ自転車のことです。

ロードバイクと比べるとタイヤが幅50mm前後という極太仕様になっています。なので、ロードバイクのスポーツ自転車とは真反対ということになりますね!

タイヤが頑丈なためパンクには強いと言えますが、ロードバイクのようなスピード感はありません。

このMTBの大きな特徴としては、オフロードでも力強く走行できるためのサスペンション(衝撃吸収構造)が付いていることです。

MTBはこんな方におすすめ!

マウンテンバイクは、ヒルクライムやダウンヒルなどの非日常的な走行を楽しみたい方におすすめです。

街乗りなど普段使いにも利用されたい方は、タイヤサイズの大きなものを選ぶのがおすすめです。

ロードバイクとMTBの間?クロスバイクの特徴

ロードバイクやMTBのどちらかと間違いやすいのが、クロスバイクです。それぞれフレームの形状が似ていますが、タイプの異なるスポーツ自転車です。

まず、はっきり違いが分かるのがハンドルの形状です。

ロードバイクの場合は速さを出すため前傾姿勢になる必要があり、ハンドルの形状も「ドロップハンドル型」になっています。

一方クロスバイクは、フラットなストレート型のハンドルとなっており、ロードバイクとはグリップの角度が異なります。

補足ポイント
クロスバイクはロードバイクのような摩擦抵抗の少ないタイヤではなく、MTBのタイヤと同じく深い溝があります。

タイヤの太さはMTBほど太くはありませんが、ロードバイクより太いのが特徴です。

クロスバイクはこんな方におすすめ

クロスバイクは、ロードバイクとMTBそれぞれの長所を取り入れたスポーツバイクです。

そのため、通勤や通学など幅広いシーンで利用できることが特等的です。これからはじめてスポーツバイクの購入する方におすすめです。

スポーツ自転車に最低限必要なパーツやグッズ

一般的なママチャリタイプの電動アシスト自転車や軽快車は、当然ながら、フロントライト、そして後の反射板が既存で最初から付いていますよね。

スポーツ自転車の場合、メーカーや車種によってはこれら全てを別途購入し取付けなければなりません!

取付を忘れると夜間での走行が危険なことはもちろん、交通違反となってしまいます。

この他に、スポーツバイクに乗るなら最低限用意しておいた方がいいパーツやグッズ・アクセサリーをまとめると以下の通りです。

  • フロントライト
  • テールライト
  • ヘルメット
  • ボトル・ボトルケージ
  • 鍵ロック

必須の自転車用フロントライト

フロントライトが標準搭載されていないスポーツバイクの場合、ヘッドライトを別途取付る必要があります。

自転車ヘッドライトの価格は概ね2,000円から3,000円ほどの相場です。

メーカーや価格帯によって明るさなど異なりますが、その中でも防水仕様のライトがおすすめです。

自転車用フロントライトについては下記の記事にまとめています。

こちらも重要!テールライト

ヘッドライトと同様に必須なのがテールライトです。

テールライトは夜間走行時、後続車から自分を認知してもらうための重要なパーツです。

こちらも価格帯はフロントライトと同じ位の費用感で購入可能です。どちらも装備されていない場合は、セットで購入することをおすすめします。

スポーツバイクなら安全のためヘルメット

スポーツ自転車に限らずですが、自転車ライド時はヘルメットの着用が安全です。

オンロードの自転車走行であっても何かの拍子に転倒することもあり得ます。転倒時、当たり所が悪ければ大きな怪我になる恐れもあります。

とくにスピードの出るロードバイクや、オフロードでのMTBはヘルメットの着用をおすすめします。

水分補給のためのボトルとボトルケージ

スポーツバイクで長距離ライドする場合、とくに夏場の暑い時期は水分補給が欠かせません。

適度な水分補給のためのボトルとボトルケージは必須アイテムです。ボトルケージは、自転車のフレーム部分に取付けるタイプなど販売されています。

盗難防止のためのチェーンロック

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車は、一般的なシティーサイクルと比べると盗難率が高い傾向にあります。

このため、U字ロックやチェーンロックの鍵をつけておくことをおすすめします。

また、盗難防止のアクセサリーやアラーム機能の備わったライトも販売されていますので、こちらも併用するとより安全といえます。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上、今回はスポーツバイクの基本的な特徴や、必要な装備品について解説いたしました!

趣味でのスポーツサイクリングやアウトドアなど限定的なイメージのスポーツバイクですが、普段乗りとしても十分に使えます。

これを機にちょっとしたお出かけに、スポーツバイクも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

それでは、本日もご安全に!

この記事を書いた人

プロフィール写真
WATARU

地元の自転車販売店とお仕事での付き合いが8年以上になるフリーランスの広告・ウェブデザイナー。

私生活では長年愛用したMTBを知人に譲渡し現在はクロスバイクを所持。

30歳を越え日頃の甘えにより年々身体が老化しているため奮起し筋トレを始めたが、すぐ筋肉痛になっている。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール写真

WATARU

Age. 34from. KYOTO

フリーランスの広告・ウェブデザイナーです。大学卒業後、地元のデザイン事務所に就職し、主に紙媒体の広告物の企画・制作業務を担当。2年間程勤めた後、会社を辞めフリーランスとして活動をはじめ現在にいたります。